手の力・手の神秘

2006年1月4日より、占い師として活動を始めて、もう10数年・・・
多くの方々のご縁をいただき、また大きな励みとなりました。

皆様からいただいた「手の力・手の神秘」を通して
「言葉にできない感覚」を分かりやすくお伝えできるように、今後とも心掛けてまいります。

最新の投稿はこちらから

ホーム

「手の力・手の神秘」ページについて

2006年より占い師として活動を始めて以来、皆様の手を通した様々なご縁を授かりました。
「手の力・手の神秘」ウェブサイトは、2011年に「初代(第一期)」のページを立ち上げ、その後2016年にリニューアル(第二期)を行ない現在に至っております。ただ、このサイトは 昨今のタブレット・スマートフォンには完全に対応しておらず、一部の方々にはご迷惑をお掛けしておりました。
このページは、第二期「手の力・手の神秘」の内容はほぼそのままで、各種端末への対応・デザインや使い勝手等を見直し「Second Edition(セカンドエディション)」としてマイナーチェンジリリースを行なう運びとなりました。

今後ともご贔屓の程、宜しくお願いします。

2019年1月
1994~2002~2006~2011~2016~2018~2019~20XX:これからも益々進化が続きます。

皆様からいただいた「手の力・手の神秘」を通して
「言葉にできない感覚」を分かりやすくお伝えできるように、今後とも心掛けてまいります。

鑑定項目

鑑定項目

手相鑑定を基本におこなってまいります。手相については、鑑定者様の手を診たり・触れたりすることによる、私のイメージを基にした独自の鑑定方法で、一般の方々が思われている「手相占い」とは大きく異なります。

手相鑑定(30分・60分)
オーラ鑑定
霊視鑑定
家相鑑定
屋号命名
これから誕生する赤ちゃんのお名前を命名します。

鑑定エリア

鑑定エリア

鑑定エリアに関しては地元・大阪を拠点に日本各地へ伺っております。東京・名古屋エリアにつきましては、年間に1度程度、定期的に訪れております。

『神秘的な力を宿している手の力』にご興味がございましたら・・・是非、お問い合わせ下さい。

過去に鑑定で訪れた主な場所

近畿地方(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県)
関東地方(東京都・神奈川県・千葉県)
東海・北陸地方(愛知県・三重県・福井県・石川県)
中国地方(岡山県・広島県)

※出張エリア&鑑定場所&料金につきましての詳細は「こちら」をご覧下さい。

※過去(2009年~2011年)に毎週土曜日、大阪「難波・心斎橋(アメリカ村)/朝日プラザ心斎橋」に於いて行なっておりました鑑定は、現在は行なっておりませんのでご注意ください。
※過去(2006年~2007年)に毎週月曜日、大阪玉造に於いて行なっておりました鑑定は、現在は行なっておりませんのでご注意ください。
※出張鑑定をご希望の方は、「お問い合わせフォーム」からご依頼ください。

「手の力・手の神秘」姉妹スペース

私が今までに経験してきた「手の力・手の神秘」は当サイトだけではなく、様々な場所で表現しております。この度のご縁によってお越しくださった方々には、これら各種スペースでもお楽しみいただければと考えております。

私の理想とする世界/「運を運ぶ」という考え方

私の理想とする世界/「運を運ぶ」という考え方

「運」という言葉は、「しんにょう=道という意味」からなる文字で、意味は「はこぶ・めぐらす・はたらかす」を意味します。実際にこの文字を書いてみると、「しんにょうは」山あり谷ありの連続で、如何にも人間らしい文字だと感じてしまいます。「しんにょう」から構成される文字は、全て「道(みち)」を連想させるものばかりです。

近←→遠・遥
速←→遅
迎←→送
遂←→迷
迅←→巡
進←→退・遡・過・途
追←→逃

良い事も悪い事も、同時に多く存在するのが、この「しんにょう」で構成される文字の大きな特徴です。我々が道を歩いている・・・生きている以上は、もちろん良い事ばかりでないのは今も昔も不変です。

「運を運ぶ」という考え方

この中で「運」という字がございます。

この字の意味は「(しんにょうの)道」+「軍(とりまくの意味)」から成り、道を歩き、様々な経験を身に着けて初めて「運」が備わる資格が与えられるのです。 ある女性と会話した際に彼女が「彼氏と5年以上、交際して結婚の意志が私にはあるのに、相手にそれを伝える事が出来ない」というもので、私はこの「運」というお話をさせてもらいました。その字の如く、「運」は行動して授かるものなのです。待っているだけ、立ち止まっているだけでは授かりません。

私は常々、対人関係に於いて意識している言葉がございます。それは自分が「運を運ぶ人になろう」ということです。その人の一生に於いては、印象に残る出会いは全体数からすると、それは極めて僅かなものです。しかしながら、全体からすると、たとえ僅かでもその数は(私にとって)決して少なくないと考えています。私が人々にそれを意識してくださいと伝えると、「いえいえ、私なんて恐れ多い」と皆様、おっしゃいます。しかし親子・友達・恋人・婚姻・社会・・・すべて、対象となる相手に対して、「幸運を運んであげよう」と無意識にでも行動しておられるでしょう。私はそれを少し広げて、意識するだけで、どんな関係でもより良くなると考えているのです。 世界中の方々が「運を運び合う」・・・素晴らしい世界だと思いませんか?